本文へスキップ

労働資格[技能講習&特別教育]の安衛協/福岡労働局長登録教習機関

TEL. 092-408-7605

労働資格教習センター[二日市教習室]

職長・安全衛生責任者能力向上(再)教育Foreman

職長・安全衛生責任者能力向上(再)教育について

職長・安全衛生責任者能力向上(再)教育

床上操作式クレーン運転資格

 職長とは、「日本の事業場において、労働者(職種を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者)を指揮監督するもの」とされています。建設業や製造業などの作業現場において、部下の作業員を直接指揮監督する監督者のことです。職長に選任される際には職長教育の資格が必要と定められています。
 安全衛生責任者とは「特定元方事業者(特定事業である建設業、造船業に属する事業の下請負人を使用する元請負人)の事業場において、特定元方事業者の労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生ずる労働災害を防止するために統括管理する者」とされています。事業主は雇用する労働者の安全と健康を確保するために、安全衛生管理を行う責任(事業者責任)がありますが、会社とは別の作業現場などに滞在し、安全衛生管理を行うことができません。作業現場によっては様々な会社の労働者が集まることもあります。そのため、安全衛生責任者を選任し、事業主の代わりに労働者の安全衛生管理を行い、何か問題があった場合には事業主などの関係者に報告をする者のことです。安全衛生責任者に選任される際には安全衛生責任者教育の資格が必要と定められています。
 この職長教育、安全衛生責任者教育は資格が失われることはありませんが、安全衛生教育等推進要綱により、職長等、安全衛生責任者のそれぞれについて、事業者が、初任時及び概ね5年ごと又は機械設備等に大きな変更があったときに、能力向上教育に準じた教育(再教育)を受けなければならない。とされています。
 そのため、当協会(安衛協)では、職長または安全衛生責任者教育の修了者を対象とした職長・安全衛生責任者能力向上(再)教育を実施しています。職長または安全衛生責任者教育を受講したところで受講する必要はありません。職長または安全衛生責任者教育の修了者であれば、どなたでも受講が可能です。修了後、5年以上経過しているにも関わらず職長・安全衛生責任者能力向上(再)教育を受講されていない方は是非ご検討下さい。

講習科目および基準時間

講習科目および基準時間

内容 講習科目 講習時間
学科 職長等及び安全衛生責任者として行うべき労働災害に関すること 2h 5.7h
労働者に対する指導又は監督の方法に関すること 1h
危険性又は有害性等の調査等に関すること 0.5h
グループ演習 2.2h

※受講者は、1日間で修了可


通常講習→ 8,700円

安衛協ー職長・安全衛生責任者能力向上(再)教育クラス一覧

コース名 日数 受講料 修了できる教習名
単独・通常講習 1日間 8,700円 職長・安全衛生責任者能力向上(再)教育


  ※ 詳しく(申込方法等)は、安衛協にお問い合せ下さい。
    TEL 092−408−7605  mail = sh@axtu.org


     電話 092-408-7605