ダイオキシン類作業特別教育について

【作業従事者】
廃棄物処理施設において、ばいじん及び焼却灰などを取扱う業務や、焼却炉などでの運転・保守点検・解体等の作業を行う事業者は、
労働者に特別教育を行うよう義務付けられています。


【作業指揮者】
事業者は、運転、運転等作業又は解体作業を行うときは、作業指揮者を定め、その者に当該作業の指揮をさせると供に、法令で適合
して講じられているかどうかに点検させなければならない。

コースと受講要件

修了できる教習名 講習日数 講習時間 受講料(税込み)
ダイオキシン類作業従事者特別教育 1日間 4時間 9,800円
ダイオキシン類作業指揮者安全衛生教育 1日間 3時間 7,000円
ダイオキシン類作業従事者特別教育

ダイオキシン類作業指揮者安全衛生教育
1日間 7時間 16,800円

主な対象機械・作業

【作業従事者】
・廃棄物焼却炉とは(火床面積が0.5平方メートル以上又は焼却能力が1時間当たり50キログラム以上のものに限る。)を有する
 廃棄物の焼却施設において行われる作業
・廃棄物の焼却施設におけるばいじん及び焼却灰その他の燃え殻の取扱いの業務に係る作業
・廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の保守点検等の業務に係る作業
・廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の解体等の業務及びこれに伴うばいじん及び焼却灰その他の
 燃え殻の取扱いの業務に係る作業

【作業指揮者】
「ダイオキシン類汚染物の発散源の湿潤化」「ダイオキシン類測定結果に応じた保護具の使用」「解体作業において付着物の除去及び
解体で生じたばいじん、焼却灰その他の燃え殻の除去」を行う現場責任者としての業務。

よくあるご質問

お申込み