電気自動車の整備の業務等に係る特別教育

福岡労働局長登録教習機関

電気自動車特別教育

電気自動車の整備の業務等に係る特別教育について

電気自動車、ハイブリッド自動車等の整備業務は、特別教育の対象となる電気取扱業務(低圧電気取扱業務)から、電気自動車等の整備業務を切り離し、対象業務として新たに規定されました。(労働安全衛生法第 59 条第 3 項、労働安全衛生規則第 36 条第 4 号の 2)

【対象になる自動車】
ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、電気自動車(内燃機関を有さないもの)、燃料電池自動車、バッテリー式のフォークリフト等の車両系荷役運搬機械及びバッテリー式のドラグ・ショベル等の車両系建設機械のうち対地電圧が 50V を超える蓄電池を内蔵するもの

【改正(2019年10月1日)以前に低圧電気取扱業務特別教育を修了された方】
電気自動車の整備の業務等に係る特別教育を修了する必要はありません。
(整備業務等に就く方は、現場の安全のために受講されることをおすすめいたします。)

コースと受講要件

現在保有している資格及び業務経験 講習日数 講習時間 受講料(税込み)
どなたでも受講できます。 1日 7時間 9,800円

主な対象機械・作業

対地電圧が50Vを超える低圧の蓄電池を内蔵する自動車
(ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、電気自動車(内燃機関を有さないもの)、燃料電池自動車、バッテリー式のフォークリフト等の車両系荷役運搬機械およびバッテリー式のドラグ・ショベル等の車両系建設機械)

よくあるご質問

※準備中(新規講習のため)

関連する講習

低圧電気取扱者特別教育

講習日程

講習名 R4 R5
11月 12月 1月 2月 3月 4月
電気自動車の整備の業務等に係る特別教育 New 1 25 15 22 ※近日掲載予定
お申込み